スーツが安いお店10選!安価で質が高いコスパ最強ブランドを厳選

2023/05/29

スーツに関する基礎知識

ひとくちに「スーツ」といっても値段はピンキリで、さまざまな価格帯のものが販売されています。

しかし、値段が安すぎると、チープに見えたりすぐにシワになってしまったりすることが懸念され、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、数々のスーツブランドを調査して、安くても質の高いものを厳選して10種類ご紹介します。

結論からいうと「Suit Ya」がおすすめですが、人によってマッチするブランドはさまざまでしょう。

安くてもおしゃれなスーツを選ぶ方法もご紹介していますので、この記事を参考に、自分に合ったブランドを見つけてください。

スーツが安いおすすめブランド10選

スーツが安いおすすめブランド10選

さまざまなスーツブランドの中から厳選し、今回はおすすめブランドを10種類ご紹介します。

各ブランドの特徴を把握し、自分に合ったブランドを選びましょう。

Suit Ya

Suit Ya

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:29,800〜107,800円(税込)

【レディース】
ジャケット+パンツorスカート:52,800〜107,800円(税込)
生地 ポリエステル・ウール
デザイン 無地・ストライプ・チェック
納期 約1か月(時期によって変動あり)

Suit Yaは、来店せずにオーダーメイドスーツが作れるため、忙しい人にぴったりです。オーダーメイドスーツは既製品のスーツよりも、より自分の体型にフィットしたスーツを作れます。

生地の仕入れルートは、社長が世界を飛び回って独自で構築したものであるため、高級な生地でも安価で購入できるのが特徴です。

スーツ以外にも、シャツやコートなどのアイテムもオーダー可能です。

\新規会員登録で1,000円OFFクーポンプレゼント/

>>Suit Yaの評判・口コミを見る

GU

GU

価格 【メンズ】
ジャケット:3,990~4,990円(税込)
パンツ:2,990円(税込)
ジャケット+パンツ:6,980~7,980円(税込)

【レディース】
ジャケット:3,990円(税込)
パンツ:2,490円(税込)
スカート:1,990円(税込)
ジャケット+パンツ:6,480円(税込)
ジャケット+スカート:5,980円(税込)
生地 ポリエステル
デザイン 無地(色:ブラック・グレー・ベー
ジュ・ネイビー)
※商品によってカラーバリエーションが異なります
納期 既製品のためなし

お手ごろ価格でカジュアルファッションを楽しめるGUでも、スーツが販売されています。

ほとんどの商品が5,000円以下で購入できるため、気軽にスーツを購入できるでしょう。

洗濯機で洗えるタイプが多いのも魅力的です。

また、パーツごとに別売りされており、カラーバリエーションが豊富なため、自由な組み合わせを楽しめます。

洋服の青山

洋服の青山

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:21,890〜75,900円(税込)

【レディース】
ジャケット:11,880~28,490円(税込)
パンツorスカート:4,950円〜15,400円(税込)
ジャケット+パンツorスカート:16,830~43,890円(税込)
生地 ポリエステル+ウール・ポリエステル・
ウール・キュプラ
デザイン 無地・ストライプ・チェックなど
納期 既製品のためなし
※すそ上げの当日仕上げは店舗に要相談

洋服の青山はスーツはもちろん、シャツやシューズなどのスーツ周りのアイテムの品揃えが豊富です。

多数のブランドから商品を仕入れているため、複数の店舗を回ることなく、洋服の青山だけでこだわりのトータルコーディネートが完成します。

ウォッシャブルや洗濯後のシワが目立たないノーアイロンタイプなど、機能性を兼ね備えた商品なども充実しています。

ユニクロ

ユニクロ

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:9,980~23,890円(税込)

【レディース】
ジャケット+パンツ:3,280~11,980円(税込)
ジャケット+スカート:4,980~10,980円(税込)
生地 ポリエステル・レーヨン・麻
デザイン 無地
納期 オーダーメイドは最短翌日

ユニクロは、メンズもレディースも価格帯が幅広く、ニーズに合ったものを選びやすいのが特徴です。

柄物はありませんが、生地の種類に関してはバリエーションが豊富です。

既製品にもオーダーメイドにも対応しており、オーダーメイドでも最短翌日に仕上がるため、忙しいビジネスマンにもおすすめのブランドです。

イオン

イオン

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:10,780〜43,780円(税込)

【レディース】
ジャケット+パンツ+スカート:7,700〜16,280円(税込)
生地 ポリエステル・ウール
デザイン 無地・ストライプ・チェック
納期 既製品のためなし

スーツを初めて買う学生に特におすすめなのが、イオンのスーツです。

セット販売が低価格で、とくにレディーススーツの「ジャケット+パンツ+スカート」のセットは、7,700円から購入できます。

洗濯機で洗えるスーツも多いため、お手入れが簡単なことも魅力的です。

しまむら

しまむら

価格 【レディース】
ジャケット+ワンピース:9,570〜10,670円(税込)
※事前予約制
生地 ポリエステル
デザイン 無地
納期 毎週、注文を受け付けた週の翌週から発送※実店舗販売あり

しまむらではワンピースタイプのレディース限定スーツが販売されており、女性におすすめです。

襟元にパールネックレスがあしらわれ、エレガントさを演出した仕上がりになっています。

手洗いで洗濯が可能なので、自宅でお手入れもしやすいのも嬉しいポイントです。

DIFFERENCE

DIFFERENCE

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:41,800〜143,000円(税込)

【レディース】
ジャケット+パンツorスカート:41,800〜110,000円(税込)
生地 ウール・ポリエステル・レーヨン・ポリウレタン・ナイロン・リネン
デザイン 無地・ストライプ・チェック(裏地はドットもあり)
納期 4週間前後(追加料金を払えば一部商品は納期短縮も可能)

DIFFERENCEは全国展開している、オーダーメイドスーツのブランドです。

スーツの形や生地、ボタンの種類まで、とにかく豊富でオリジナリティ溢れるスーツが作れます。

来店以外にもネットでの注文も可能です。

オリヒカ

オリヒカ

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:6,996〜49,500円(税込)
※Web限定商品

【レディース】
ジャケット+パンツorスカート:19,800~41,800円(税込)
オーダースーツ:30,800円(税込)~
生地 ウール・ポリエステル・キュプラ
レーヨン・ポリウレタン
デザイン 無地
納期 約3週間(オーダースーツ)

オリヒカは、既製品からオーダースーツまで対応しているブランドです。

比較的カジュアルなものからフォーマルなものまで取り揃えているため、シーンに合わせてお好みのスーツを選択できるでしょう。

また、無地のスーツが多いため、スーツにシンプルさを求める人におすすめです。

スーツカンパニー

スーツカンパニー

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:19,800〜 53,900円(税込)

【レディース】
ジャケット+パンツ:12,980~47,300円(税込)
ジャケット+スカート:12,980~49,500円(税込)
生地 ポリエステル・ウール・レーヨン・キュプラなど
デザイン 無地・ストライプ・チェック・織柄
納期 Quality Order:最短2週間~
UNIVERSAL LANGUAGE
MEASURE’s:最短3週間~

スーツカンパニーは、スーツ以外のシューズやベルトなどのアイテムまでとにかく種類が豊富です。

そのため、満足のいくトータルコーディネートを実現できるでしょう。

さらに、オーダーメイドスーツ事業も展開しているため、自分のこだわりをしっかりと反映させることもできます。

30秒でできる「ジャケット診断」もあるため、比較的かんたんに選択肢を絞れるでしょう。

KASHIYAMA

KASHIYAMA

価格 【メンズ】
ジャケット+パンツ:33,000〜99,000円(税込)

【レディース】
ジャケット(テーラードジャケット レギュラー)+パンツorスカート:33,000円〜99,000円(税込)
生地 ウール・ポリエステルなど
デザイン 無地・ストライプ・チェック
納期 最短1週間

KISHIYAMAは、フォーマルスーツ以外にもカジュアルなセットアップ、ワンピースもオーダーメイド可能です。

納期も最短1週間と比較的早く、忙しくても自分に合った服を着たい人にはぴったりのブランドでしょう。

スーツの相場はいくら?

スーツの相場はいくら?

年代別に求められる印象が異なるため、相場も変動します。

例えば、年代が上がるにつれ、よりきっちりとしたスーツを求められます。そのため、生地の質が上がり、価格は高くなる傾向にあります。

ここでは、20代・30代・40代・50代以上の4つに分けて、各相場を解説します。まず、年代ごとのスーツの相場を表にまとめました。

年代 相場
20代 2~3万
30代 3.5〜5万円
40代 5〜10万円
50代以上 6.5万以上

>>オーダースーツの値段相場はいくら?種類別に比較!予算の決め方のポイントも解説

20代のスーツの相場

キャリアが浅い20代の時期は、金額よりも清潔感や機能性を重視したスーツを購入しましょう。

高額なスーツは年不相応に見られ、かえって印象を悪くしてしまう場合があります。

20代後半では、こなれ感や爽やかさがあるスーツを着ると、よりよい印象を持たれるでしょう。

具体的には、グレーやネイビーなどの比較的明るい色味のスーツやオーダースーツがおすすめです。

30代のスーツの相場

より重要な仕事や地位の高い人と会う機会が増える30代であれば、3.5万〜5万円が妥当な額になっていきます。

見た目に説得力や信頼感をより持たせる必要があるためです。

20代と同様のスーツでは、かえって幼稚な印象を持たれてしまうかもしれません。

より体型にフィットしたものが欲しい場合や個性を出したい場合は、オーダースーツにチャレンジしてみるのもおすすめです。

40代のスーツの相場

社会人経験が豊富で、中間管理職に就くことも珍しくない40代では、高級感のある重厚な印象を持たれるスーツが適しています。

色はブラックをはじめ、グレーやネイビーなどダークな色にしたり、生地もウール100%にしたりとこだわりを持たせましょう。

またスーツだけでなく、ネクタイや革靴も考慮し、色を2〜3種類に留めたトータルコーディネートを行いましょう。

50代以上のスーツの相場

役員に就く場合も多い50代では、風格を出せるようなフィット感のあるオーダースーツがおすすめです。

組織で重要なポストに就く分、やはり見た目から周囲へよい印象をつける必要があります。

具合的には、スリーピーススーツを取り入れるとよいでしょう。

スリーピーススーツとは、ジャケット・パンツ・スーツの3点を、同色・同素材・同柄で統一したスーツです。

クラシック感やかっこよさを演出できるため、よい印象を付けるにはぴったりです。

また、ベストを着用するため、温度調節がしやすく、機能性も優れています。

高いスーツと安いスーツの違いは何?

高いスーツと安いスーツの違いは何? 

高いスーツと安いスーツでは、一見違いが分からないと感じるかもしれません。しかし、両者のスーツを細かく分析していくと、違いが見えてきます。

具体的に、スーツの価格による違いは、主に以下の4つです。

  • 生産量
  • シルエットや着心地
  • 生地
  • 縫製

今回は「製作側の目線」から各違いを解説します。

生産量

まず、スーツの価格の違いは大量生産しているかどうかです。

安いスーツであれば、ひとりひとりへの採寸を行わず、同じサイズを大量に生産するため、1着あたりの単価が抑えられます。

高いスーツはオーダースーツが多いため、スーツを仕立てる前に細かい部分まで採寸を行います。

シルエットや着心地

オーダースーツは、採寸の手間がかかるだけでなく、生地や細部にこだわるため、その分価格が高くなります。

価格の違いは、スーツを着用した際のシルエットや着心地でも実感できるでしょう。

安いスーツであれば、フィット感などの着心地が価格相応になる場合が多いため、平面的なシルエットになる傾向にあります。

高いスーツはしっかりと採寸して仕立てたオーダースーツである場合が多いため、自分の体型にフィットし立体的なシルエットになります。

生地

高いスーツと安いスーツではウールを使う割合が違います。

スーツに使う代表的な生地は、ウールとポリエステルです。

ウールの方が高級品であるため、ウールの割合が多くなればなるほど価格も上がります。

縫製

スーツの価格は縫製方法によっても変わります。

安いスーツは大量生産である場合が多いため、効率を重視した機械での縫製が一般的です。

高いスーツは効率よりも丁寧さを重視するため、スーツの一部は手縫いで仕上げます。

安くてもおしゃれなスーツを選ぶポイント

安くてもおしゃれなスーツを選ぶポイント

安くておしゃれなスーツを選ぶポイントは、主に3つあります。

  • サイズ感
  • 生地

これらを参考に、コスパのよいスーツを選びましょう。

サイズ感

まず、最も重要なポイントはサイズ感です。自分の体型にあまりフィットしていないスーツを着用していると、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

スーツのパーツごとに適したサイズは、以下のとおりです。

【ジャケット】

  • 肩幅:ジャケットを着用した際に、ひとつまみできる程度の余裕があるもの
  • 胸:ジャケットとシャツの間に、握りこぶしが1つ入る程度の余裕があるもの
  • ウエスト:インナーとしてシャツと薄手のニットを着ても、シワができない程度のもの

【パンツ】

  • 着用時にお尻がたるむことがなく、サイドのポケットが開かないもの

生地

次に重要なポイントは、生地です。おしゃれな人は季節感を取り入れるのが上手いため、スーツの生地にも季節ごとにマッチしたものを取り入れます。

具体的には、以下のような生地を季節ごとに取り入れましょう。

  • 春夏用:汗をかきやすいため、通気性や速乾性があるもの。ウールとポリエステルの両方が入っているものがおすすめ。
  • 秋冬用:比較的寒いため保温性に優れているもの。生地に程よい厚みがあり、風を通しにくいものがおすすめ。

生地を季節に合ったものにすることによって、快適さも生まれ、より過ごしやすくなります。

色に関しては、スーツを着る目的に沿って選ぶことが重要です。色が人々に与える影響は大きく、TPOをわきまえた色選びをすることで、安いスーツでもよりよい印象を与えます。

たとえば、仕事用であればグレーやネイビー、冠婚葬祭の場合はブラックを選びましょう。

また、カジュアルなシーンであれば、ボタンや裏地を自分好みのものにし、オーダーメイドで作るのもよいでしょう。

安くて高品質なスーツならSuit Yaがおすすめ

安くて高品質なスーツならSuit Yaがおすすめ

数々のスーツブランドを紹介してきましたが、どのブランドにもそれぞれ魅力があり、まだ選択肢を絞りきれない人も多いでしょう。

その場合は、Suit Yaを選ぶことをおすすめします。

Suit Yaの主な魅力を2つご紹介します。

1つ目は、低価格であることです。

独自ルートでの仕入れを行い、さらに自社工場で生産していることで、低価格を実現しています。

高級な生地でも、比較的低価格で提供されています。

2つ目の魅力は、来店せずにオンラインで注文できる点です。オンライン注文であれば、来店する手間が省け、人目を気にせずじっくり品を選べます。

オンラインでの注文が初めての場合、しっかり採寸できるか不安に感じるかもしれません。しかし、初回はジャストサイズ保証が付いてくるため安心です。

サンプル生地の無料送付も行っているため、注文前から生地の質感を確認できます。

まずは公式サイトから、お好みのスーツを選んでみましょう。

\新規会員登録で1,000円OFFクーポンプレゼント/

>>Suit Yaの評判・口コミを見る



関連する記事

Item Select

オーダースーツ生地

もっとオーダースーツ生地をみる



Ranking
人気生地ランキング

オーダースーツ【総合ランキング】

ランキングをもっと見る

オーダーシャツ【総合ランキング】

ランキングをもっと見る

1000円OFFクーポンをもらう
1000円OFFクーポンをもらう