ブラウンスーツのおしゃれな着こなし方は?ネクタイとの合わせ方やコーディネート例を紹介

2024/01/30

スーツの着こなし方

ブラウンスーツのおしゃれな着こなし方は?ネクタイとの合わせ方やコーディネート例を紹介

「ブラウンスーツ」はカジュアルで大人っぽい印象が強く、着こなしが難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はポイントを押さえることでさまざまなシーンで着用することができ、おしゃれな着こなしを楽しめるアイテムでもあります。

そこで、この記事では以下の内容について解説します。

  • ブラウンスーツの特徴と与える印象
  • ブラウンスーツとアイテムの合わせ方
  • ブラウンスーツのシーン別の着こなし方
  • ブラウンスーツのコーディネート例
  • ブラウンスーツを着用する際のマナー

本記事ではブラウンスーツの着こなしについて、具体的な例を挙げて解説をしています。ブラウンスーツと他アイテムの合わせ方に悩んでいる方や、ブラウンスーツの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

ブラウンスーツの特徴

ブラウンスーツの特徴

ネイビーやグレーに比べるて見かけることの少ない「ブラウンスーツ」は、どちらかというと着用する人の少ない珍しい色のスーツです。

しかし、ネイビー・グレースーツとは異なる特徴を持つため、普段とは違う印象を演出することができます。

こちらでは、そんなブラウンスーツの3つの特徴を紹介します。

温かみや落ち着いた印象を与える

暖色に分類されるブラウンは、温かみのある色合いで「落ち着き」や「安心感」などの印象を与えます

スーツの定番色であるネイビーやグレーの引き締まった雰囲気とは異なり、柔らかい印象を与えることができるのが「ブラウンスーツ」の大きな特徴です。

色味によって印象が異なる

基本的には落ち着いた雰囲気や柔らかい印象を与える「ブラウンスーツ」ですが、ブラウンは大きく3つの色味に分けられ、色味によって印象が異なります

以下では「ダークブラウン」「ミディアムブラウン」「ライトブラウン」の3つの色味について、それぞれの特徴と印象について紹介します。

ダークブラウン

「ダークブラウン」は3つの色味の中で最も暗いダークトーンのブラウンです。重厚感があり落ち着いた印象を与える色味のため、フォーマルなシーンでの着用におすすめです。

ダークトーンとはいえ、ブラウンの持つ「温かみ」や「柔らかい雰囲気」も感じられるため、適度なフォーマルさとカジュアルさを兼ね備えた雰囲気を演出できます

ミディアムブラウン

「ミディアムブラウン」は3つの中で中間の色味にあたり、幅広いシーンで活用できる万能なカラーです。

ダークブラウンに比べると重厚感は控えめで、柔らかさを兼ね備えつつ、知的な印象を与えることができます

ライトブラウン

「ライトブラウン」は最も明るいトーンのブラウンで、カジュアルな印象を与えます。フォーマルな場には不向きのため、プライベートやカジュアルな場での着用がおすすめです

トーンが明るいため重くなりすぎず、暖かい時期にもコーディネートに取り入れることができます。

ブラウンは秋・冬にぴったりの色

アースカラーで温かみのあるブラウンは、秋・冬など気温の低い時期にぴったりの色です。特に「ダークブラウン」「ミディアムブラウン」は重厚感を感じられる色味で、寒い時期に映えます

もちろん暖かい時期でも着用可能ですが、選ぶスーツによっては暑苦しく見えてしまう場合があるため、注意が必要です。春・夏に着用する場合には「明るいトーンを選ぶ」「通気性の良い素材を選ぶ」などの工夫をするとよいでしょう。

ブラウンスーツとシャツの合わせ方

ブラウンスーツとシャツの合わせ方

ブラウンスーツを着用する際は、暖色のブラウンとの相性を考えてシャツを選ぶことで、おしゃれにブラウンスーツを着こなすことができます。こちらではブラウンスーツとシャツの合わせ方について、4つのポイントを解説していきます。

寒色系のシャツと相性抜群

ブラウンは「暖色」のため、シャツに対照的な「寒色」を合わせることで、コーディネートのアクセントになります。さらに暖色×寒色の組み合わせは、お互いの色を引き立て合う相性の良い組み合わせです

ブラウンは、寒色系の中でも特に「ブルー系」との相性が良いことで知られています。ブラウン×ブルーの組み合わせはイタリアで「アズーロ・エ・マローネ」と呼ばれ、古くから愛されているスタイリングです。

明るめの色のシャツを合わせるのがおすすめ

温かみと重厚感を感じるブラウンは、ダークトーンのシャツを合わせると、全体的に重い雰囲気になってしまう場合があります。そのため、コーディネートを引き締めてすっきり見せるためにも「明るめの色のシャツ」を合わせるのがおすすめです。

なかでもパステルカラーのシャツはブラウンスーツと合わせやすく、爽やかさや柔らかい雰囲気を与えることができます

ブラウンスーツはシャツの色で季節感を演出

ブラウンは暖色で温かみのある色合いのため、基本的に秋・冬に似合う色です。そのためスーツだけでは季節感を出すのが難しいこともあり、中に着用するシャツによって季節感を演出するのがおすすめです。

春や夏は明るく淡い色を合わせると爽やかになり、秋や冬は暖色や重めの色を合わせることで重厚感があり暖かい雰囲気を演出することができます。

迷ったら万能アイテムの「白シャツ」を合わせる

ブラウンスーツは組み合わせるアイテムによって大きく印象が異なります。そのため、合わせるシャツに迷った場合には、どんなコーディネートにも合わせやすい「白シャツ」を選ぶとよいでしょう。

白シャツはどんな色味のブラウンとも相性が良く、すっきりとコーディネートをまとめることができます。

ブラウンスーツとネクタイの合わせ方

ブラウンスーツとネクタイの合わせ方

胸元に位置するネクタイは、コーディネートの印象を大きく左右するアイテムです。着用するネクタイによって、どんな雰囲気にしたいかを演出することができます。

こちらではブラウンスーツを着用する際のネクタイの合わせ方について、3つのポイントを解説します。

落ち着いたコーディネートには胸元を引き締める「ダークトーン」のネクタイを

全体を落ち着いた雰囲気でまとめたい場合には「ダークトーン」のネクタイを合わせるのがおすすめです。暗いトーンのネクタイは重厚感があり、大人な雰囲気が感じられます。

レッドやブラウンなどの「暖色系」は温かみのある柔らかい印象をプラスすることができ、ブルーやパープルなどの「寒色系」はクールで知的な印象をプラスすることができます。

また、ブラウンスーツは淡い色のシャツと相性が良いので、明るい色のシャツを着用する機会も多いでしょう。そんなときにダークトーンのネクタイを合わせることで、コーディネートを引き締めることができます。

大人っぽさを抑える場合は「フレッシュな色」のネクタイを

ブラウンスーツは落ち着いた印象を与える色味のため、合わせるアイテムによっては「大人っぽくなりすぎる」という注意点があります

大人っぽくなりすぎないよう軽めに着こなしたいという場合には、オレンジや黄色などのネクタイを合わせることで、フレッシュな印象を与えることができます

カジュアルな着こなしには「柄ネクタイ」でアクセント

ブラウンスーツは、グレーやネイビーのスーツと比べて、よりカジュアルな印象が感じられるスーツです。そんな特徴を活かしてカジュアルな着こなしを楽しみたいという場合には「柄ネクタイ」を合わせることで、よりラフなコーディネートに仕上げることができます

フォーマルな場では着用する機会の少ない「ペイズリー柄」や「チェック柄」などとも相性が良いので、カジュアルシーンで着用する際にチャレンジしてみるとよいでしょう。

ブラウンスーツと靴の合わせ方

ブラウンスーツと靴の合わせ方

スーツを着用する際は、足元のアイテム選びも重要です。足元に位置する靴は目につきにくいと思いきや、実はコーディネートの印象に大きくかかわります。

こちらではブラウンスーツと靴の合わせ方について、3つのポイントを紹介します。

「ブラウン」の靴を合わせると統一感のあるコーディネートに

ブラウンスーツと同じ色である「ブラウン」の靴を合わせると、統一感のあるコーディネートにすることができます

「明るめのブラウン」はカジュアルな着こなしをする際にぴったりで「ダークブラウン」はフォーマルな着こなしの際に活躍します。ブラウンのシューズでも色味によって印象が異なるため、スーツの着こなしによって合わせるアイテムを変えるとよいでしょう。

「ブラック」の靴はコーディネートを引き締める

ブラウンスーツに「ブラック」の靴を合わせると、モダンな着こなしを楽しむことができます。特に深みのある色合いの「ダークブラウン」のスーツと相性が良く、フォーマルな着こなしをする際にぴったりです。

足元にさり気なくブラックを入れることでコーディネートが締まるため、きちんとした着こなしをしたい方にもおすすめです。

カジュアルな着こなしには「ローファー」もおすすめ

ブラウンスーツでカジュアルな着こなしを楽しみたい場合には「ローファー」を合わせるのもおすすめです。

ローファーとは靴紐の無い革靴のことで、着脱がしやすいことから“怠け者”という意味の「ローファー」という名前がつけられました。他の革靴と比べてカジュアルに楽しむことができるため、プライベートやカジュアルシーンでの着こなしにぴったりです。

カジュアルな印象の強いローファーはフォーマルな場での着用は不向きのため、ビジネスシーンや厳かな場での着用は避けましょう。

【シーン別】ブラウンスーツの着こなし方

【シーン別】ブラウンスーツの着こなし方

さまざまなシーンで着用するスーツは、着用する場面ごとにマナーが存在するため、TPOに合わせた着こなしが求められます。

こちらではスーツを着用する3つの場面について、ブラウンスーツの着こなし方を紹介していきます。

ビジネスシーンでのブラウンスーツの着こなし方

ビジネスシーンでブラウンスーツを着用する場合は「ダークブラウン」または「ミディアムブラウン」の無地のスーツを選びましょう。

「ライトブラウン」のスーツはカジュアルな印象が強すぎるため、ビジネスシーンでの着用には向きません。よりフォーマルな雰囲気を演出する場合には「ダークブラウン」のスーツを選ぶのがおすすめです。

そもそも、ブラウンスーツはグレーやネイビーのスーツに比べてカジュアルな印象が強いため、ビジネスシーンの中で着用に適さない場面もあります。商談や会議などのフォーマルな場には不向きのため、普段のオフィス業務で着用するのがよいでしょう。

ビジネスシーンでフォーマルな着こなしをする場合には「無地の白シャツ」または「無地の淡いブルーシャツ」を合わせるのがおすすめです。知的な雰囲気があり、ブラウンスーツとの相性も良いため、ビジネスシーンにはぴったりです。

ネクタイは「ボルドー」や「ネイビー」などのダークトーンを合わせるのがよいでしょう。「ボルドー」は温かみがありシックな着こなしにすることができ、寒色の「ネイビー」はクールで冷静な雰囲気を演出することができます。

ブラウンスーツには「暗めのブラウン」の革靴が相性が良いです。ビジネスシーンでは装飾のある靴はカジュアルな印象を抱かれる場合があるので、シンプルでフォーマルな印象の「ストレートチップ」や「プレーントゥ」を合わせましょう。

結婚式でのブラウンスーツの着こなし方

現在はカジュアルな結婚式も多く、ブラウンスーツを着用できる式も増えています。しかし、多くの結婚式では「無地のブラックスーツ」の着用が基本で、式によって「無地のダークスーツ」も着用可能というのがマナーです。

そのため、ブラウンスーツの着用については「カジュアルな形式の結婚式」であれば、着用できることもありますが、着用を検討している場合には、ドレスコードを事前に確認しておきましょう

結婚式でブラウンスーツを着用する場合には「ダークブラウン」のスーツがおすすめです。結婚式では「新郎より目立つ服装はNG」というマナーがあります。明るい色味のスーツを着用すると派手になりすぎる可能性があるため、ダークトーンのスーツを選ぶのが無難です。式の形式にもよりますが、>柄物のスーツは避け、無地のスーツを選択するのがよい</spanでしょう。

ネクタイとシャツは「無地の白シャツ」と「シルバーの無地ネクタイ」を合わせるのが結婚式の定番です。フォーマルで華やかな印象を与えることができるため、この2つを選んでおけば間違いありません。また、ブラウンスーツを着用できるくらいカジュアルな雰囲気の結婚式であれば、パステルカラーのネクタイなど華やかなアイテムを合わせるのもよいでしょう。

結婚式では「ブラックのシンプルな革靴」を合わせるのが基本ですが、ブラウンスーツの場合、色味によってブラックの革靴が浮いてしまう場合もあります。黒に近いブラウンであれば「ブラックの革靴」を合わせるのが無難です。また、スーツの色味によっては「ダークブラウンの革靴」を合わせることで、統一感のあるコーディネートにすることができます

カジュアルシーンでのブラウンスーツの着こなし方

カジュアルシーンでブラウンスーツを着こなす場合には、あまり着用マナーに縛られず、さまざまな着こなしを楽しむことができます。スーツのフォーマルさを崩しすぎず、カジュアルな着こなしを取り入れるのがおしゃれなコーディネートに仕上げるポイントです。

まず「シックに着こなすか」「カジュアルに着こなすか」によって、どんなスーツを着用するかを決めましょう。スーツの色味が暗いほどシックになり、明るいほどカジュアルな印象を与えることができます。また、カジュアルシーンでは柄入りのスーツを選ぶのもよいでしょう

シャツはスーツの色味に合わせて選ぶのが良いですが、着こなしに迷う場合は「寒色系」のシャツがブラウンとの相性が良く、合わせやすいためおすすめです。「ストライプ柄」や「チェック柄」のシャツを選ぶと、よりカジュアルなコーディネートに仕上げることができます。

ネクタイはスーツとシャツとバランスを取るように選ぶと、コーディネートしやすいです。スーツ・シャツに柄物を取り入れている場合は、無地のネクタイを合わせることでバランスが取れます。無地のものを着用している場合には、柄の入ったネクタイを合わせることでアクセントになるでしょう。

合わせる靴は「ダークブラウン」が統一感がありおすすめですが、「ブラック」の靴を合わせるとモダンな着こなしを楽しむこともできます。

ブラウンスーツのおしゃれなコーディネート例

ブラウンスーツのおしゃれなコーディネート例

落ち着きと温かさを兼ね備えた「ブラウンスーツ」は、カジュアルな着こなしも楽しむことができるのが魅力です。こちらではブラウンスーツのおしゃれな着こなしについて、カジュアルなコーディネートを3つご紹介します。

チェックブラウンスーツ×淡い無地グレーシャツ×ボルドーネクタイ×ブラウンシューズ

チェックのブラウンスーツは、クラシカルさとカジュアルさを兼ね備えるアイテムです。

さらに、淡いグレーの無地シャツとボルドーネクタイを合わせることで、上品な雰囲気がプラスされます。

全体的に温かみのある色味でまとまっているため、靴もブラウンシューズを合わせて、統一感を出すのがおすすめです。

ストライプブラウンスーツ×淡い無地ブルーシャツ×ネイビーネクタイ×ブラックシューズ

ストライプスーツ・ブルーシャツ・ネイビーネクタイは全体的に知的な雰囲気を演出できるアイテムのため、カジュアルさとクールな印象を兼ね備えたコーディネートに仕上がります

さらに、ブラックシューズを合わせることでコーディネートが引き締まり、モダンな雰囲気を演出できるためおすすめです。

ライトブラウンスーツ×ストライプシャツ×グリーンネクタイ×ブラウンシューズ

ブラウンスーツの中で最も明るい色味の「ライトブラウンスーツ」は、着用することでよりカジュアルな印象を与えることができます

ストライプシャツとグリーンネクタイを合わせることでシャープな雰囲気と爽やかさをプラスすることができ、程よいフォーマルさを演出可能です。

全体的に明るい色味のコーディネートのため、足元はブラウンの靴を合わせるのがよいでしょう。

ブラウンスーツを着用する際のマナー

ブラウンスーツを着用する際のマナー

スーツを着用する際は、着用シーンによって場に適したマナーを考慮する必要があります。こちらでは、ブラウンスーツを着用する際の2つのマナーについて解説します。

フォーマルな場での着用は避ける

ブラウンスーツはどちらかといえばカジュアルな印象の強いスーツのため、フォーマルな場での着用には向きません。

オフィスで普段通り仕事をするぶんには問題ありませんが、会議や商談、厳かな式典など、カジュアルな印象を与えたくない場面では着用を避けましょう

ビジネスシーンでは「ダークブラウン」のスーツを選ぶと良い

ビジネスシーンでブラウンスーツを着用する場合には「ダークブラウン」のスーツを選ぶのがよいでしょう。職場によって「ミディアムブラウン」の着用も可能ですが、よりフォーマルな印象の「ダークブラウン」を選ぶのがおすすめです。

カジュアルな印象になりすぎないよう、シーンによってスーツの色味を考慮しましょう。

ブラウンスーツをおしゃれに着こなすならオーダーメイドがおすすめ

ブラウンスーツをおしゃれに着こなすならオーダーメイドがおすすめ

上級者向けと思われがちなブラウンスーツですが、色味や合わせるアイテムのポイントを押さえることで、おしゃれに着こなすことができます。

しかし、ブラウンスーツはさまざまなシーンで着用できるものの、比較的カジュアルな印象を与えるため、特に「シーンに応じた着こなし」が求められるスーツとも言えます。そのため、自身の体型だけでなく、用途にあったブラウンスーツを探すのは骨が折れるでしょう。

そんな方には「体型にぴったり」「用途に合う」の両方を叶えることができる「オーダーメイドスーツ」がおすすめです。

Suit Yaは取り扱う生地の数が多いだけでなく、高級生地を使用したスーツを最安値でオーダーすることができます。さらに1着目は1回まで無料でサイズ直しをすることができるため、自分の体型にぴったりで理想を詰め込んだスーツを手にすることが可能です

ブラウンスーツをお探しの方は、ぜひSuit Yaでの注文もご検討ください。

\新規会員登録で1,000円OFFクーポンプレゼント/

>>Suit Yaの評判・口コミを見る



関連する記事

Item Select

オーダースーツ生地

もっとオーダースーツ生地をみる



Ranking
人気生地ランキング

オーダースーツ【総合ランキング】

ランキングをもっと見る

オーダーシャツ【総合ランキング】

ランキングをもっと見る

1000円OFFクーポンをもらう
1000円OFFクーポンをもらう