体に合ったスーツの選び方とモテる小物選び

このエントリーをはてなブックマークに追加

 


10440896_717775138284262_7251196412593998235_n.jpg





スーツ選びの大切なポイントは最適なフィット感です。

紳士の装いの中でもっともエレガントなものとされているのがスーツです。

ぴったりとフィットしたものであるということが、大前提であることを忘れてはいけません。


どんなに有名ブランドのデザインであっても、どんなに高級素材を使って仕立て上げられていても、結局は自身の身体に合っていなければ、まったくもって全てが台無しになってしまいます。

それだけジャストフィットでスーツを着ることは重要なことなんです。

 

まず、覚えていたいのがサイズの表記について。

実ははっきり知らないという方が案外多いのではないでしょうか。



 

≪ジャストフィットを実現させる為の6つのポイント≫

 


R0015327.jpg


具体的なフィッティングポイントをご説明しますね。

人間の体は曲線で構成されています。

その複雑な丸みに沿って裁断、及び縫製されているスーツこそ正しいフィット感を感じることができます。

このフィット感を確認できる具体的なポイントは6か所あります。

 

1、 肩合わせ

2、 胸周り

3、 袖丈

4、 着丈

5、 ヒップライン

6、 パンツ丈

 

ここを外してしまうと、スマートな着こなしからは程遠いスタイルになってしまいますので、

きちんとチェックをしましょう!!

 

 

Point1 肩合わせ

肩が袖付け部分にしっかりと収まり、フィットしているかをチェックしましょう。

この際、背中の衿下部分にシワがでていないかも入念にチェックしましょう。

 

Point2 胸まわり

胸まわりには動きやすさを考慮して、ボタンを閉じた状態でこぶしが一つ入るくらいゆとりを確保しましょう。

最近流行のタイトシルエットであってもです。

 

Point3 袖丈

スーツの袖丈のバランスはいろいろな説がありますが、腕を伸ばした時に、シャツの袖が1-2㎝くらいの長さが覗くくらいがちょいど良いバランスと言えます。

 

Point4 着丈

トレンドの影響も少なからずあるポイントですが、一般的にはヒップがギリギリ隠れるくらい、あるいは短くてもせいぜいヒップの8割くらいの長さを確保しましょう。

 

Point5 ヒップライン

余計なもたつきがヒップまわりになく、かつワタリ(太もも部)に適度なゆとりがあるかをチェックしましょう。

クリースが美しい直線を描かないようではNGです。

 

Point6 パンツ丈

前裾が、「く」の字を描き、若干のくぼみができるくらいの長さ(=ハーフクッション)を目安にしてパンツ丈を設定しましょう。

靴のデザインとのバランスも忘れないようにしましょう。

 


R0015489 2.jpg



≪お洒落な男になるためのもの選びの基準≫

 


お洒落な人と外見に気を使わない人の差が大きく分かれるアラサ―世代。

アラサ―男子たるものは、スーツ以外のモノ選びにも「良識」ある「選択眼」が欠かしません。

では、その良識を養う方法はどのようなものでしょうか?

 

30代~40代前後の挨拶や立ち振る舞いと同様、装いにも一人前の社会人として最低限の責任を持っていると社会的評価も大きく変わってきます。

 

取引先や部下、後輩の前で恥ずかしいスーツ姿は見せられないですよね。

しかし、スーツ単品で実現できるものでもありません。

シューズ、シャツ、ネクタイ、といったアイテムといかに効果的に合わせることができるか、それがカギとなってきます。

 

ここではスーツを着こなす上でアラサー男子なら揃えておきたい3スタイルをご紹介します。

 

セレクト基準として念頭に置いておきたいのは下記にあげる3つです。

 

1、 ミニマムにして正統派スタイル

2、 汎用性の高いスタンダードスタイル

3、 カジュアルに着こなしたいときのドレスダウン対応スタイル

 

 

1を選べまよりドレス寄りに、3を選べばカジュアル寄りのコーディネートになる理屈です。

自身のワードロープと照らし合わせ、スーツマスターへの第一歩を踏み出すきっかけにしてください!

 

 

小物選びのPoint1《靴編》

正統派の選択をベースに、自身の遊び心を加味すべし

 

20代の場合だと全てのシーンで万能に使うことができる黒のプレーントゥ一足あればたります。

しかし、30代になったらぜひ一足は持っておきたいのが正統派のストレートチップです。

普段使いにはもちろんですが、ここぞという時のフォーマルなシーンで端正で品位のあるストレートチップはその実力を発揮してくれます。

普段は、靴はブラウン派という方も一足目は必ず黒を購入しましょう。

それもメダリオン(=飾り穴)などが施されてない内羽根式のシンプルなタイプを選ぶのが肝要です。

プレーントゥは、基本中の基本です。

それだけに逆に極めれば、一番奥が深いものです。

切り替えは、内羽根式か外羽根式か、あるいはなしの一枚立てか、製法はグッドイヤーかマッケイか。

ソールはシングルかダブルか。

コバトはどういう形状か。

アッパーに使用されているレザーの種類は。

ステッチの間隔は。

ステッチのカラーは。

それらディテールの違いで同じプレーントゥでも人に与える影響はことなってきます。

 

 

派手なものがいい!もっとお洒落なものがほしい!

という方も多いかとは思いますが、

確かに見た目のバリエーションとしての面白みには欠けますが、プレーントゥだけで全ての着こなしにも対応できるようになります。

 

 

まず、一足にお悩みの方はプレーントゥを購入してみてくださいね!!




また、第二弾はカバンについてご紹介させていただきます。

お楽しみに!!




R0015357.jpg2.jpg